カテゴリ:車( 35 )

韓国タイヤ「NEXEN CP672」 が終焉して、恐怖のDouglasタイヤへ

タイヤの保証マイレージ
今頃と馬鹿にされそうですけど、やっと土曜日の早朝、Walmartにオイル交換してもうらついでに、スノータイヤをノーマルタイヤに交換してもらいました。何しろ4月の初旬まで雪が降っていたから、色々と事情があって今日まで延びてしまいました。早朝なら誰もお客がいないだろうと朝掛けたけど、結局は二時間半ぐらいかかかって、Walmartのお店の中をブラブラしてました。

一目、AutoCenterの従業員に、前輪タイヤ「韓国製のNEXEN CP672」のサイドウォールがすり減っていて危険だから交換したほうがいいと言われ、あっさり予定外のニュータイヤへと交換になりました。でも、このタイヤは買ってから3年もたっていないのに、もう交換なのという感じです。カタログで画、タイヤは70000マイル保証だけど、確かに道路事情が悪かったら二年しか持たないと書いてます。この辺は雪がふるので、融雪剤として撒く塩が道路の劣化を早めるらしく、もうパッチワークしただけで終わってる道路が多く、タイヤが思いのほか長持ちしないです。

b0188828_405195.jpgそういえば、最近やたらとWalmartで予想外に新しいタイヤを買ってます。Walmartもいろんなメーカーのタイヤを売ってますが、普段在庫に置いてあるタイヤはWalmart用に製造されたGoodyear Viva 3 All-Season Tire とDouglas All-Season Tireぐらい。どちらのタイヤもGoodyear が独占的にWalmart用に製造したものです。DouglasブランドはGoodyearの廉価版シリーズで、以前はGoodyearに買収される以前はKELLY TIRE が製造してました。それ以外のタイヤが欲しかったらオンラインで注文して、指定のストアにいって取り付けてもらうしかないです。今回はAll-Seasonタイヤになりました。でも不安になるくらい値段が安くて大丈夫かいと思わせるくらいです。45000マイルタイヤ保証だから、これだったら一年くらいしかもたないかもしれないです。

もし、もっと良いタイヤが欲しければタイヤ専門店にいけばいいのでしょうけど、中々自分の気に入ったタイヤの在庫はないし、お店に入って気に入ったものがないから要らないと断る勇気もないです。やはり友達のようにオンラインでタイヤを自宅まで届けてもらい、どこか適当なガレージでつけてもらうのが一番満足するほうほうなんでしょうけど、そこまでタイヤ一つに執着する気はないからなあ。

しかし、このDouglas タイヤの安さは嬉しい反面、何時タイヤが破裂するのか恐怖満杯ですね。高速運転には気を付けねば。

b0188828_550561.jpg
車のエアコンのフロンガス不足を補充するDIYキット。何でも自分で修理したがる国アメリカだなって感心。ガレージにもっていったら、完全に100㌦以上請求されるから。
[PR]
by nhajime3 | 2017-05-13 01:52 | | Comments(0)

馬鹿にできない自動車税支払い

三月には車両登録(Registration)が切れるのにと待ち望んでいたExcise Taxの請求書が来ました。
何時もはもう来てもいい時期なのに、今年は来ない。今年は払わないでもいいのかもと期待してましたが、甘い感傷は要注意。下手にこれを払わないでいると、二年ごとの車両登録(Registration)が却下されて、後で酷い目にあいます。さっそくオンラインで支払いを終えました。これで車両登録(Registration)の再交付申請にでかけることができます。

b0188828_10265120.jpg

昔、隣町から年の半ばで隣町からこの街に引っ越した際、以前の町のExcise Taxを払っていないのに気付かず、どうしても車両登録できなくて、頭にきて車を運転していたら、パトロール中のお巡りさんに見つけられて、不法登録車を運転していた罪で、車は没収されて親子三人はパトカーで家まで護送、違法運転のチケットは何百㌦、トールされた車のピックアップ代に150㌦、余計に払わなければばらなかった。パトーカーに乗った経験はあれが初めてでしたね。

アメリカで車に掛かる税金は二種類。車購入時のSales Tax(消費税)、毎年市町村に払うExcise Tax(資産税)。Excise Taxは車の市場価値に対する税金。マサチューセッツ州の税率は価値 $1000当たり、$25の税金を払うことになります。だから車の価値が毎年下がっていくから、当然毎年税金が下がっていくはずなのに、実際は毎年同じ金額を払っています。不思議だけど、買った当時から安い税金しか払っていないから、実際的には大分得してる勘定です。

車社会のアメリカだから、車がないと、買い物も、仕事に行くにも、お医者に行くにも不便極まりないけど、時に70歳、80歳くらいのおばあちゃんが車でスーパーに買い物に来てる姿を見ると、生きるというのは大変だと時に不憫にも思います。



グーゴル完全自動運転型自動運転車プロジェクト

グーゴルとアップルが開発してる自動運転車ができたら素晴らしい未来が開けそうですけど、どうの暗雲が待ち構えてるみたいです。両社とも技術的に可能かもしれないけど、市街地における自動制御に必要な「LIDAR(ライダー)」を始めとする高度なセンサー群を使っています。しかし、このまま開発していけば一台数十万ドルにもおよぶため、乗用車を生産するにはコストが掛かり過ぎて採算に合わないと結論をだしたみたいからです。

例外的な試みとして、ピッツバーグでUberがライダーを採用した自動運転車が24時間営業の実験運転を開始している。Uberの自動運転車は営業車となるため、多少コスト面で跳ね返ったとしても運転手のコストを削減するのではとみられています。ただ、Uberは日本ではタクシー業界が自らの死活問題として猛烈に反対運動をしてるみたいです。
[PR]
by nhajime3 | 2017-03-01 05:01 | | Comments(0)

Falkenタイヤ ZIEX ZE-912の終焉

昨日の金曜日の夜、この近所の日本人が集まって、だいぶ遅いけど新年会がりました。
行く途中、あんまり除雪されていない小道を走っていたら、ほとんどハンドルをきってもいないのに、またもやクルリとスピンしました。対丁度、対向車が10メートルほど先を走ってましたが、その前面でまたもや華麗なる氷上のダンスを披露してあげる様になったけど、目の前で見てる方は堪らないでしょうね。
スノータイヤをケチって前二つしか付けていない宿命というには、最近余りにもスピンする回数が多い。

b0188828_7532669.jpgこの前、スノータイヤに交換してもらったガレージでも、後ろのタイヤ(Falken ZIEX ZE-912)はすり減って危険だと言われ、このままでは何時か事故るだろうと思い、土曜日の今日は新しいタイヤをつけてもらうために、タイヤ屋さん周りに終わりました。

このタイヤは何時買ったんだろうと思い、前のブログ「時間との闘い-再車検」 を見ていたら、このタイヤは高速での操縦安定性と快適性を併せ持つ乗用車用スポーティ&コンフォートラジアルタイヤよいう典型的なサマータイヤで、雪に非常に弱く、雪道を走ったりすることは危険極まりないという評判と書いてました。書いた本人はすっかりその事を忘れてました。


一番最初に行ったのは、以前に
韓国タイヤ「NEXEN CP672」を買った隣町にあるTown Fair Tireというお店。朝9時過ぎに行ったら,既に駐車場がお客の車で一杯に溢れており、嫌な予感で中に入ってみると予約待ちのお客で一杯でした。流石にこれは何時間掛かるか分からないので、今まではタイヤを買ったことがない地元のWalmartに戻ってきました。
b0188828_10382871.jpg


ネットで調べて、Walmartでも扱ってるタイヤの中で買いたかったのは、GeneralTireのAltiMAX RT43、雪にも強くTIRERACK.COMでもベストセラーで推薦候補に挙げられてました。

b0188828_1174974.jpg

でも、自分の車と同じサイズのタイヤの在庫がなかった。GeneralTireでも他のサイズはあったけど。試しに、もしGeneralTireのAltiMAX RT43を付けたかったらどうするんですか?と聞いてみた。その場合は、Walmart.Comのサイトから指定のお店に運送してもらって、取りつけてもらうしかないというお答えでした。代わりに勧められたのは、GoodyearのVIVA3というAll Seasonというタイヤでした。

b0188828_1505544.jpg

来週の火曜日に奥さんに乳がん検査の予定日なので、その前にタイヤ交換をしておきたかったので、GoodYearのタイヤと妥協しました。タイヤの場合は、欲しいモデルがあったら前もってオンライン店から買っておいた方がいいですね。でもタイヤというのは最低5年位は使うから次の機会はいつになるかわからないですね。Walmartの場合もちょっと混んでいて、四時間位掛かるからと言われたので、歩いて家まで帰ってきました。

一応、GoodyearのVIVA3というのはどんなタイヤなんだろうと調べてみましたが、中々見つからなかったです。よくよく調べてみると、このVIVAタイプのタイヤはGoodyearがWalmart用に製造した特注品みたいです。タイヤにはGoodyearのロゴが入っているけど、保証はGoodyearは関知せず、Walmartが保証するみたいです。たが一世代前のVIVA2のタイヤについては、リコールすべきではというネガティブの点が多く載ってました。

b0188828_3182037.jpg

 ❶ 均等でない摩耗
 ❷ 頻発するパンク
 ❸ Thread Separation(ラバー溝がスティールベルカから剥がれること)
 ❹ Side-Wall Failure(サイドウォールに切れ目がはいること)=>不適正なタイヤ圧力が原因

b0188828_3381182.jpg
Thread Separation

b0188828_3383386.jpg
Side-Wall Failure


私の買ったのはVIVA3という最新のモデルで、発売されてから2年位しか経ってないから、問題点が解決されたのか、それとも無視されたままなのか現状では分かりかねます。ただ、自分がWalmartのタイヤの実験台にされてるみたいで、あんまりいい気はしないのが本音ですね。


タイヤ交換が終わったということで、車のピックアップに向かったけど、新しく付いてるタイヤは元のサイズと違うものが付いてました。大丈夫かなと不安になって、後でネットで調べてみたら、タイヤ径が8㎜小さく、タイヤ幅が10㎜厚くなっただけみたいで、そんなに大きな問題はないのでは?と期待していますが。しかし、流石Walmartは勝手にやるもんだと呆れてます。

タイヤが違うタイプに変わった場合の寸法計算式は、
Tire Size Calculatorというサイトに載っています。



b0188828_16171060.jpg
もう一つ、奥さん用のお土産として、氷で転倒しないように、根雪の中を歩くカンジキではないけど、靴底に付ける取り外し可能なスパイクを買ってきました。ちょっと不安定かもしれないけど。
[PR]
by nhajime3 | 2017-02-10 02:09 | | Comments(0)

日産「リーフ」のんびりと充電中

この前、買い替えた奥さんのメガネ、待てど暮らせど ”メガネ、出来ましたよ!”の電話が来なくて、痺れをきらして電話してみたら、とっくにできてました。
昼過ぎに、息子をジムに降ろし、二人で隣町のモールにあるLensCraftersに取りに行きました。

ふと見たら、このモールにも電気自動車(EV)の充電スタンドが出来てました。そこで日産のリーフがのんびりと昼食を摂ってました。本当に水素自動車と比べて、EVの充電スタンドは簡単に設置が可能なもんです。最近は電気自動車といったら、もっぱらテスラ自動車の方が話題をさらっていて、アメリカにおける電気自動車の先駆け日産の「Leaf」の存在はほぼ忘れていました。


b0188828_1420896.jpg

ただ米国における2016年度の日欧EVの販売台数は、日産『リーフ』、BMW『i3』、フォルクスワーゲン『e-ゴルフ』、スマート『フォーツー エレクトリックドライブ』の中で、日産 リーフ が1万4006台で首位。でも販売は昨年と比べて、四社とも大幅に落ち込んだみたいです。やはりガソリン価格の下落や景気回復を受けて、燃費の悪いけど大型車が大好きなアメリカ人にはピックアップトラックやSUVなどが好評で、やはりEV普及までの道のりはまだ遠いみたいです。

ポジティブな面としては走行コストが安い、静粛性が高い、クリーンエネルギー。その反面として価格が高い、航続距離が短い、充電インフラが不十分、バッテリーの耐久性に不安、再販価格が恐ろしく低いなどネガティブの面が強すぎて危険すぎるということで、手を出さない顧客のほうが圧倒的に多いのでしょうね。


b0188828_1140462.jpg最近の日産「Leaf」のJC08モードの航続可能距離は280km(24kWhは225km)。急速充電は30分で約80%まで充電。さらに、バッテリーは耐久性も改善されて、30kWh版は8年16万kmまでの容量保証を実現している(24kWh版は5年10万キロ保証)。ただ、テスラ車のようにバッテリーを沢山積んだハイエンドモデルならともかく、普及モデルではエアコンをかけながら走行すると実質約70km程度しか走れないとの声も。  


b0188828_1140272.jpg










米国のEVは未だに短距離移動用セカンドカーレベルでしかない,テスラを除いては。ここからボストンまでは片道70マイル(約112キロ)、簡単に計算して行って帰ってくるだけでバッテリー切れ状態。運悪く渋滞に巻き込まれたら、そこで心中。やはり怖くて近距離専用しか使えない。買ってもいないのに(笑)、でもリースという手もあるけど、やはり二の足を踏む。
b0188828_349449.jpg
NISSAN LEAF® no charge to charge

日産のディーラーでも「Leaf」の3年間のレンタル販売をしてます。EZ-Charge℠を用いれば日産のディーラーでは無料で充電できますし、それ以外の第三社の充電ステーションでも無料ではないけど充電できます。ただ極端に充電ステーションが少ないです。充電ステーションはほとんど高速道路上では設置されていなくて、多くは高速傍のモール内、あるいか都市部近郊に設置されていて、やはり遠出には全然向かないのがるのが現状です。


この広大なアメリカ大陸で航続距離とパワーが重視されるアメリカ人気質に、水素自動車は受け入れられるでしょうか?パワーがない、加速性がない、燃料代は高い、充電は水素ステーションのみ、水素ステーションの設置代は高額で場所をとる、水素の運搬、貯蔵などのインフラ整備も困難と問題が山積してる。電気自動車の弱点、航続距離の短さ、充電時間の長さはテクノロージーが進歩していったら改善されるでしょう。


2018年からアメリカのカリフォルニア州でZEV(ゼロ・エミッション・ビーグル)規制が導入されます。今までは大手メーカーしか規制範囲が当てはまってはいなかったけど、これからは州内において販売台数が4,500台を超える中小メーカーに対しても、排ガスゼロのクルマを一定台数販売することを法律的に義務付けられます。2018年以降は文字通りのゼロエミッション、つまり排ガスを全く出さない以下の2種類しかZEVとして認められ無くなります。トヨタのハイブリッドは対象外になります。それも年々、排ガスゼロのクルマの適用範囲の割合が年々上昇していきます。

 ● BEV(バッテリーで走る電気自動車。EVの事)
 ● FCEV(燃料電池で走る電気自動車。FCVの事)

さらに、ゼロエミッションに準ずる「TZEV」としても、充電によりある程度EV走行も可能なPHV(プラグインハイブリッド車)しか認められなくなったのです。

これまでハイブリッド車で先行してきたトヨタですらも、FCVのMIRAIやPHVのプリウス・プライムを販売する一方、ZEV規制をクリア出来なければ、州に罰金を納めるか、他社からZEVクレジット(排出権)を買う羽目となり、企業の先進イメージに傷が付くことから自動車各社は規制対策を急いでいます。 
[PR]
by nhajime3 | 2017-01-29 13:37 | | Comments(0)

冬の寒い日ほど暖機運転は厳禁だったのか

b0188828_625967.jpg
The long-held notion that you should let your car idle in the cold is only true for carbureted engines.


Warming Up Your Car in the Cold Just Harms the Engine
http://www.msn.com/en-us/autos/ownership/warming-up-your-car-in-the-cold-just-harms-the-engine/ar-BBxuI1d

今日、日本の名古屋に住んでる友達に電話したら、もう何年振りの大寒波がやってきてもう大雪で大変ですよと呟いてました。こちらは先週は寒波と降雪で嫌になるほどだったなあと思い、何気なく覗いたサイトに載っていたのが上の記事でした。要約すると、

冬の寒い日はガソリンが気化しにくいので、エンジンの燃料噴射センサーは、エンジン温度が40Fまで上がるまで、平常より余分のガソリンを空気に混ぜてた空燃比の混合気を作る。車が一旦走り出してエンジン温度が40Fに達したら、平常通りの空燃比を持つ混合気に変わる。しかし、車が温まるまで、あるいはデフロスターで窓の氷を解かすまで待とう、延々とアイドリング状態を続けるのが一番悪い。完全燃焼しそこないのガソリンがシリンダーあるいかピストンに付着してオイルをラ洗い流して、金属摩耗を起こしてエンジンを却って痛めてしまう危険性が高くなる。だからエンジンを掛けたら、一分そこらで急いでガラスに付着してる氷を削り落とし、さっさと車を走らせるのがエンジン保護のためのベストな選択である。



記事にざーと目を通してみて、今まで自分が抱いていた考えとは全く逆だった。暖機運転はほぼ必要ないというショッキング内容でした。私なんか冬もろくにエンジンを温めないで直ぐに車を走らせていた方だから、さぞエンジン状態が悪くなってるだろうなと何時も思っていたけど、逆にそれが良かったみたいです。車製造やエンジンオイルの性能は進歩していたけど、自分の頭は化石状態になってました。


b0188828_1263512.jpg清浄分散作用
エンジンが始動すると、その過程で様々な化合物やスラッジ等の汚れが発生します。そのままにしていると、その汚れは除々に溜まっていきエンジンの故障の原因となってしまうため、エンジンオイルは汚れを自ら取り込み、特定の場所に溜まらない様に分散させています。

(参照元:車の専門病院 青木モータース、http://www.aokimotors.com/)


そもそも暖機運転の必要な理由は、「エンジンの傷みを防ぐ」ことにあります。エンジン内部の各部品にエンジンオイルを循環させることで、エンジン内の各部品の金属摩耗を防ぐ。でもエンジンオイルを供給するオイルポンプはエンジンが回らないと動かない。エンジンオイルが各部を循環するまでの所要時間が大体1分程度。さらに、最近のエンジンオイルは高性能化し、エンジンが停止してエンジンオイルがオイルパンに戻っても、エンジン内部にオイルの薄い膜をしっかりと維持しますから、長い間乗っていない限り大丈夫。そして、ちょっと話は逸れるけど、エンジンオイルに関する面白い話を紹介してるサイト「エンジンオイル屋」があって、とても参考になりました。


自動車メーカーの公式見解は、”最近の車は走行することで、すぐに暖まるような設計にもなっていますから、エンジンを掛けたらすぐに走って下さいです。”とのことです。ただ、停車による暖機ではエンジンを暖め、エンジンオイル、冷却水(LLC)の暖機が可能ですが、駆動系(トランスミッション、ディファレンシャル)、タイヤの表面温度、ブレーキパッド、サスペンション、ベアリング関係などの暖機はできません。そこで必要となるのが、走行開始直後のゆっくりとした速度での運転、回転数や負荷を抑えた運転する「走行暖機」が推薦されてます。


走行暖機までの手順

■ エンジン始動後、回転数が落ち着く間の「10秒~30秒」暖機をする。
■ これ以降が走行暖機に入り、水温計が通常の位置まで上昇するまで、必要以上にアクセルを踏まず、低回転(約2000rpm)での運転を心がける。また、急発進(加速)、急ブレーキ、急ハンドルといったクルマの姿勢が変化する走りは禁物、さらにエンジンブレーキなど、トランスミッション等に負荷がかかるような運転は控える。

自分の場合は、ちょっとこの走行暖機をするにはきついですね。家から一分も走ったら、一般街道にでて、そこをみんな時速70キロ位で飛ばして走ってきますから、ゆっくり走っていたら文句たらたらブーブー鳴らされますからね。
[PR]
by nhajime3 | 2017-01-13 10:34 | | Comments(0)

今年一番の初滑り

今日は土曜日、長くなった髪を切ってもらうために、雪の降る中、下山(文字通り高台に住んでいるので)して、隣町のベトナムのヘアカットに行ってきました。流石にこの大雪の中、髪を切るに来るお客もなく、お店の若旦那が暇つぶしするように、店の前の除雪をして、塩を撒いてました。

今日は待つこともなく一番乗りでしたよ。
髪をばっさばっさ切ってもらい、膝元に落ちてる髪の白いことよ、少し前まではロマンスグレー系だったのに。染めたら若く見られるのにと言われてるけど、自分で染めるのが人苦労です。肌にヘアカラー液が付かないようにオイルを塗ったりと下準備が大変で、中々の大仕事で一人ではとても手に余るみたいです。

b0188828_13212252.jpg

今日の降雪で起きたコネチカット州のミドルタウン付近の高速道路I9で起きた20台の衝突事故。
私の車も今日は写真のタンクローリーみたいに道の真ん中で踊ってました。

長かった髪を切ってもらい、雪がしんしんと降る中、家に帰る途中、久しぶりに豪快にスピンしました。
穏やかな上り坂、ちょっと左にハンドルを取られてなあと思い、軌道修正しようとしたけど、もう遅い。
グチャグチャ雪に乗り上げてる車さんは、ただただ氷上スピンするだけ。
最後はフィギヤスケートみたいに綺麗に一回半くらい回転して、進行方向と逆向きに着地しました。

自分より後ろの車の方が吃驚したでしょう、ただ、他の車がそばを走っていなかったので事故らなかったのが幸いでした。やはり車間距離を取るというのは基本の基本ですね。

初めてスピンを経験した時はパニックになったけど、もう何回も経験するうち、慣れてしまいました。
大体何時も自分の場合は緩いカーブをゆっくり曲がろうとしてる時に起きます。
スノータイヤ履いていても起きるし、一旦スピンが始まったら、ハンドルを切ろうが、ブレーキを踏もうがお手上げで、運を天に任せるしかないです。できる選択としては、瞬時にローギアに落とすぐらいかな。

でも、やはり雪の降る中では運転せず、じっと家に閉じこもっているのが一番ですね。

[PR]
by nhajime3 | 2017-01-07 13:06 | | Comments(0)

冬のアルティマがまた鳴く

いつも12月は何かに車関係の修理をしてるような気がします。もうすぐ冬だから、そのための安全措置の一環だけど、何かしらの修理出費があるから、財布に痛いシーズンです。

今年の問題は突然の騒音から出発しました。最初、軽い異様な音をし始めた時は、何だろうと思いました。少し走ると大人しくなるので、エンジン音かなと思ってました。エンジンだったらもう買い替えの時期だろうと腹を括りました。外から見ても最後部のサイレンサー(通称マフラー)が錆びているのが分かったし、友達からも、この騒音はマフラーがいかれてる音だよ言われました。マフラー一式交換なら、軽く1000ドルは超えるなかあ。背に腹は代えられぬと我慢して乗り続けるけど、爆音を鳴らして疾走してるので,流石に周りから失笑されてるような気恥ずかしかった。でも余りにも爆音が激しくなってきたので、このままでは車が空中分解するのではとという精神衛生上も良くないので、やっと重い腰を上げて修理工場に持って行きました。

b0188828_10192259.jpg

結果は予想通り、排気システム(排気パイプ、コンバーター、マフラーなどなど)一式交換となりました。部品代400ドル、修理賃225ドル、Taxを入れて650ドルとなりました。思った以上に安かった、多分正規品ではなく、その辺のRebuildの製品を使ってくれたのでしょう。おまけに二年保証を付けてくれました、ということは二年後辺りにまた壊れるのかかもしれないです。

でも、これで騒音から解放されて一安心です。
マフラーを変えてから、トルクが増して坂道もすいすい登っていくようになりましたし、アクセルをそんなに踏まなくてもスピードがでるように変わりましたね。燃焼効率がよくなったのでしょう。車を修理するたびに、車の色々な構造を学ぶようになりましたね。


b0188828_19425526.jpg
カーライフサポートネットから拝借

エンジンから排出された燃焼ガスが通過する順番は、次のようになってます。

・エキゾーストマニホールド
・三元触媒(3種類の有害成分を無毒化)
・排気パイプ
・マフラー


㊙ 最終出口のマフラーを長持ちさせるポイントは、短い距離をちょこちょこ乗るのを避けること。

マフラーを損傷する原因のほとんどが錆び。これは経時劣化だから避けられないというわけではない。 マフラーの腐食は内側から起こることが多い。排気ガス中に含まれる水蒸気が冷えたマフラーに当たって結露して内部にたまるために、錆びが内部から発生する。ある程度まとまった距離を乗ればマフラーが温まるので、たまった水分も蒸発してしまうが、マフラーが温まりきらないような短い距離ばかり乗っていると水分がたまったままになり、マフラーの腐食を早めることになる。 つまりこれはマフラーだけでなく、エンジン本体のためにもなります。



㊙ O2センサー 並びにヒーターの故障は触媒の劣化を早める。
b0188828_1243548.jpg
O2センサー (上流側)

一般に三元触媒の前に装着され、排気中の酸素の有無を検出するセンサー。三元触媒を効率よく作動させる理論空燃比に制御するためのセンサーとして使われている。

エンジンの理論空燃比14.7:1 にコントロールするのに重要なセンサーであるO₂センサーには、大概ジルコニアという素材が使われているが、600℃以上の温度でないと活性化されない。そのため、寒冷時の朝、冷え込む時間帯などにエンジンをかけると、当然エンジン自体も冷えているため、排気ガスの温度も低い状態になる。この場合、O₂センサーは低い温度のため活性化されず、ECU に正確な信号を送ることが出来ない。その為に、エンジンをかけた瞬間から正確な信号をECU に送るため、O₂センサーを温めるヒーターが付いている。

しかし、ヒーターが壊れていて、O₂センサーを上手く温めることが出来ないと、エンジンをかけた瞬間の排気ガスは濃度が高いので、排気ガスを浄化する触媒に大きなダメージを与えてしまう。結果的に、触媒の劣化が早まり、故障に繋がり、交換することになる。
[PR]
by nhajime3 | 2016-12-13 10:26 | | Comments(0)

タイヤパンク修理剤は結局は高くつく

b0188828_1452146.jpg
トリシティ155 ABS
写真提供元:ヤマハ発動機

ヤマハ3輪バイク「トリシティ155 ABS」は3輪駆動で安定性抜群、そして高速走行可能へ。

このヤマハのバイクはスタイリッシュで洗練されて格好いいなあ。
この辺で見かけるバイクは、腹がでてるオジさんはハーレーダビッドソン、若者はNinjaが定番です。

会社までの道を車の代わりに、こんなバイクで行ったら気分爽快だろうなと思った。
でも、このアメリカ北東部は雪国で、雨は降る、雪も降る、氷雨も降って、路面が凍結する。
おまけに、途中の道は登り下りの坂道で、曲がりくねったている。冬のドライブはスキージャンプの滑走路のように車ごと滑って落ちていかないか冷や冷やもんです。

b0188828_13201849.jpg
ところで年季が入り過ぎて体のあちこちにガタがきてる私の愛車。
最近ではライオンが吠えるように爆音を上げて失踪してて、流石にちょっと恥ずかしいですね。
マフラー関連にガタがきてて、直したらいくら係るかな?、もう新車を買うべき時期でたと思うけど、直した後から、せっかく直したのだから、もう少し乗らねば損というキチキチ精神で、結局壊れるまで乗り回して、慌てて何時も高いのを買わされて損をしてます。

土曜日の夜、その老兵に乗ってWalmartに行こうと思っていたら、ハンドルが重い。
あれ!と思って覗いてみたら、前輪の左側のタイヤが完全にパンクしてて、空気が抜けていた。
今からスペアタイヤと交換して、Walmartにいくのは遅すぎる、明日の日曜日、お買い物のついでにWalmartの修理センターで、パンクを直してもらおうと諦めました。

日曜日の昼過ぎに、さあ!出かけようかとパンクしたタイヤを取り除いてとスペアタイヤを交換したら、当然空気が入ってると思ったスペアタイヤから空気が抜けてました。スペアタイヤから空気が抜けることもあるんだと初めてわかったです。


b0188828_13214667.jpg
こんな時の神頼み、AAAに電話したら、1時間位してたら、AAAの車がやってきて、スペアタイヤに空気を入れて帰っていきました。後は、タイヤを修理してしてもらってる間、店内で色々なタイヤ修理用のキットを見てました。




b0188828_10312666.jpg色々と修理キットを見て、取りあえず緊急用と買ってきたのが、日本でパンク修理剤というスプレータイプのものです。違うメーカーだけど、以前にもタイヤから空気漏れが激しくて取りあえず注入したら直った記憶があるので、新しいのを買ってみました。使い方は簡単で、エアプラグから凝固剤を注入するだけで、小さな裂け目なら直ぐになおせるという優れものです。ただ以前使った時、その後何度ももう少し空気を入れようとしても入らなかったので変だなあと覚えたものです。あとで調べてみると、パンク時には天からの救い主みたいな存在ですけど、後々色々な厄介な問題が起こるみたいです。




このパンク修理剤の主な問題点としては、

❶ 120度Fを超える高温化では爆発する危険があり、冬の厳寒期では凝固液が固まってしまうから、トランクに常備しておくことができない。=>使いたい時に使えない

❷ 一度使ってしまうと、タイヤのエアプラグが詰まってしまって空気が入らなくなるとか、スプレー缶内部でも液が固まってしまって爆発するとか。=>液が飛び散って悲惨な目にあう

❸ パンク修理剤で一時的に直したタイヤを修理工場で本格的に直してもらう場合、傷跡がほど完璧にシールされて、水につけて傷跡を発見するのが困難。その為、タイヤに付いた凝固剤を水洗いするのに手間が掛かって嫌がられる。=>新しいタイヤと交換を勧められる

❹ パンク修理剤で一時的に直したタイヤは保証期間内であっても、タイヤディーラーからタイヤ無料交換プログラムが却下される。=>新しいタイヤと交換

❺ パンク修理も一時的なもので、そのあときちんと直さず、高速などで時速60マイル以上で走行すると破裂したこともあるみたいです。

b0188828_15304476.jpg❻ TMPS(タイヤ空気圧監視システム)が目詰まって誤作動する。=>センサー交換
TMPSは元々はタイヤエア圧低下に起因する重大事故防止の為に開発されたが、近年では燃費向上という意図にも使われている。




これ以外にも、空気を入れるInflator付きのパンク修理剤キット。車のDC12V電源を使うInflatorとかもありました。ただ、車の電源を使うInflatorはパンクは直る代わりのバッテリーが完全にいかれて新品と交換しないといけないとか起こっているみたいです。家庭用電源の120Vを使うInflatorも売ってましたが、大体は旅先でパンクすることが多いから、あんまり意味をなさない気がします。

b0188828_1348524.jpgb0188828_13482317.jpg
パンク時の備えは、スペアタイヤの空気圧もチェックしてしておく方が、緊急タイヤ修理キットを備えておくほうよりかえって安上がりになるみたい。ただ、車本体のタイヤ圧は、3000マイル毎のオイルチェックの時に、同時にみてくれるけど、スペアタイヤの方はトランクの奥底から引っ張り出してみないといけないからちょっと御無沙汰になる傾向が強いです。

結局、パンクの原因はタイヤ空気圧の低下ではなく、ネジが刺さってました。でも、不思議だ!、どうやったらあんな風にタイヤに90度近くの角度で刺さるもんなんだろう。
[PR]
by nhajime3 | 2016-12-04 12:47 | | Comments(0)

カーバッテリーチャージャー発登場

一年ほど前にアマゾンから買って、今まで実際に使う機会がなくて、家の中で眠っていた車専用のバッテリーチャージャー、遂に日の目を見る機会が訪れました。

本来、非常用として車内に保管すべき室温68Fくらいの所に保管してくださいとが、何故家の中に眠っていたか?
その答えは説明書に書いてありました。常時、室温68Fくらいの所に保管してくださいと。
夏の高温下では爆発する危険がある、冬の氷点下ではバッテリー溶液が凍ってしまうからでしょう。
しかし、それでは一番費用頻度が高そうな冬には使えない代物です。


Clore Automotive製のモデル「Jump-N-Carry JNC300XL」

b0188828_11284375.jpg■ 900 Peak Amps
■ 225 Cranking Amps
■ 27" #4 AWG welding cable leads
■ Full-size clamps to penetrate battery corrosion
■ LED battery status indicator
■ High intensity work light
■ Grip-Lock clamp storage
■ DC outlet to power 12 Volt accessories
■ Includes wall charger
■ 1 year limited warranty


b0188828_1192046.jpg2,3年前に買った、
AAA製のバッテリー(一年保証)
直ぐにダメになるかと思いきや、意外と長持ちするもんです。

このバッテリーチャージャーのデビュー日は、突然やってきた。
ブリザードが吹雪いて、すべてを雪の下の覆い隠していた先週の土曜日、私は祈ってました。
”雪降れ、雪降れ、もっと降れ、すべてを覆い隠すのだ!そしたら明日の日曜日の礼拝はキャンセルになる!”
しかし、天は我を見放した!
無残にもほとんど雪は降らなかった、行きたくないなあという思いで起き上がった日曜日の早朝。
何時もは軽く一発で掛かるエンジンが、ウーン、ウーンというけど掛かり切れない。
氷点下7度くらいで、気違じみるほど寒くないけど、バッテリーが弱ってしまったのか?
でも、この時点で、今日は礼拝も行かずにゆっくりできるという我の願いは叶いました。

まだ朝も早いから、昼ぐらいになったらAAAに電話しようかと、また寝床に潜りました。
そういえば、バッテリーチャージャー買ったのがあったなあと思いだして、あんまり期待せずに試してみました。エンジンを切ったらダメでしょうと、再度試してみても一発で掛かります。それから数日がたっても、何の問題もなく掛かります。

一回、二回試してもダメで、やはり使い物にならない玩具かなと思いながら、もう一度、今度はアクセルを目一杯踏みながら試してみたら、やっとエンジンが掛かりました。バッテリーが悪くなったわけではなく、単に気温が低すぎてエンジンが冷えすぎていたのか、それとも私の必死の願いが天に届いたのか、なんとも言えない不思議な感じで首をひねるように終わりました。
[PR]
by nhajime3 | 2016-01-25 11:00 | | Comments(0)

ガス代節約のCumberland Farm 「SmartPay」

エネルギー節約志向として目を付けたのが、マサチューセッツ州地元企業Cumberland Farms(コンビニ店+ガスステーション経営)が全国展開しようとしているSmartPayというガソリン節約プログラム。プログラムを立ち上げた頃から内容は知っていましたが、ただ初期の頃はガソリン代の支払いがPayPal口座と直結し、何時もPayPal口座に最低100ドル入っていないと使えないと財政的に厳しい人からブーブーと文句が出ていました。そういう煩わしさがあって今まで敬遠してましたが、最近銀行のチェッキング口座と連結されるようになったみたいなのでiPhoneにSmartPayモービルアプリを入れてみました。
b0188828_11162448.jpg

b0188828_1205822.jpg最近はATMのSkimmingだけではなく、ガスステーションのポンプでのSkimming技術が成熟しているみたいで、クレジッカードを使うのは危なっかしいので、 「ExxonMobil Speedpass」を購入したけど近くにガスステーションがなくてほとんど利用できなくて、仕方ないので家と会社の途中にあるこのCumberlandのお店で何時もガソリンを入れています。ただここのお店は将来的にApplePayでもガソリンの支払いができるような計画を立ててるみたいです。


b0188828_1141775.jpg
カナダのカルガリー警察が発見したスナップオン式のGasSkimmer(クレジットカード情報を盗む装置)
資料参照元:Calgary, AB, Canada / News Talk 770 (CHQR)


Cumberland FarmsのウェブサイトのSmartPayタブにあるClick to apply!をクリックする。
b0188828_12272191.jpg



一番右のメニューのI want to enroll as a moble userをクリックする。
National Payment Card Associationのページに移りますというメッセージが出てくるのでOKする。
b0188828_13223685.jpg


◆ SmartPay Check-Link 申込手続き
b0188828_13452068.jpg
STEP 1
SmartPay Check-Linkページが出てきたら、下記のアカウントを作成に必要な情報を書き込んで同意書にチェックを入れて提出する。後でこれからの手順を記した確認のE-Mailが届くのでそれに従う。

1.住所、氏名、電話番号
2.E-Mailアドレス
3.ドライバーラインセンス情報
4.チェッキング口座の情報
5.Check-Linkピン番号作成(SmartPayのモービルアプリにサインインする時に必要)


STEP 2
National Payment Card Association (NPCA)が三日以内に自分の口座に入金、出金をするので,それを確認したら、 www.CumberlandFarms.com/SmartPay/verifyにアクセスして、次の項目を入力する。

1.ドライバーライセンス番号
2.ドライバーライセンスの発行州
3.E-Mailアドレス
4.Check-Linkピン番号
5.講座入金額、出金額を入力


STEP 3
b0188828_3204562.jpgSmartPayのアカウント作成終了のE-Mailが届きます。SmartPayのモービルアプリをインストールし、E-MailアドレスならびにCheck-Linkピン番号を入れてサインインしたら使えるようになります。

b0188828_3453122.jpgb0188828_3454512.jpg

これで毎回ガソリンを給油する時に、メンバーは10㌣/ガロン節約できるようになってます。クレジットカードの場合は売上額の数パーセントをクレジット会社に手数料として払わないといけないけど、銀行口座を利用することで、この手数料の支払いを省いて、その差額分をお客に様々なサービスを還元しようということで、このSmartPayのサービスを始めたみたいです。奪うことにあくせくしてるアメリカ企業の中で珍しく良心的な企業です。


b0188828_411229.jpg
二年ほど前にキャンセルしたVERIZONからのDSL加入の招待状。0.5 - 1.0mbpsのスピードで月$24.99プラスTaxです。もう10年以上の使えない技術を売ろうとしてる根性、なんか見てて哀れです。DSLはケーブルの方に流れ、固定電話もVoipに流れ、頼りとしてる携帯電話事業もPrePaid電話にどんどん浸食されてる。奪うことだけに集中して、顧客サービスを蔑ろにしてきたつけがでてきたみたいです。
[PR]
by nhajime3 | 2015-05-02 11:04 | | Comments(0)