カテゴリ:会社( 5 )

シリアル番号検査は夢の中へ

Serial Number Audit、日本語で言えば、製造番号検査。
うちの会社では、ほぼ毎月定期的に行われますけど、やり方に一向に進歩がみられません。

b0188828_8395344.jpg
主な機械品目には、全てモデル番号、製造月日、そして個別番号としてのID,シリアル番号が付いています。シリアル番号の用途は、工場内の盗難防止、不良率の確認、そして顧客に対する製品保証目的とか、色々とあります。

シリアル番号検査は、約25個入っている箱の中の製品のシリアル番号を確認し、箱にタグ番号の書いた紙を張り付ける、タグ番号とシリアル番号とロケーションをPCに手で入力するという未だに古典的な検査方法です。

今回はフルオーディットということで、週末に掛けての3日間、2万個以上の製品の移動を完全に停止して、各部署総動員で番号チェックしました。時々は、約1000個単位でシリアル番号チェックをしてますけど、流石に今回は検査数が膨大だったので、見つからない数が膨大にでました。その様子は、井上陽水の大ヒット曲「夢の中へ」を彷彿させました。。

探し物は何番ですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中も つくえの中も  ロッカーの中も

はいつくばって はいつくばって
腰の痛みに 堪えながらも
探したけれど見つからないのに
まだまだ探さないといけないの?
それより一服しましょうよ!


もう世間様にはテクノロジーの進歩によって、製造番号検査に掛ける人材と時間を大々的にけずれるようになってます。その一つの方法に電子タグです。バーコードよりも遥かに進んだ技術です。


電子タグとは
電子タグ(ICタグ、RFタグ、無線タグなど他にもさまざまな呼び方があります)は、無線電波を利用して非接触でICチップの中のデータを読み書きするRFID(Radio Frequency Identification)技術を利用したもので、「モノ」の識別に使われます。これまでバーコードでの運用では、レーザなどでタグを1枚1枚スキャンするのに対し、RFIDの運用では、電波でタグを複数一気にスキャンすることができ、高度な管理や業務の効率化を実現するツールとして、注目が集まっています。

バーコードだけでは実現できなかったような電子タグは、データを格納するICチップと小型のアンテナで構成されています。 ICチップには、識別番号や用途に応じて様々な情報が書き込まれます。通常、電子タグは電源を持っておらず、まずリーダ・ライタが発する無線電波をアンテナで受けることによって通信が可能になり、ICチップのデータの読み書きが行われます。
b0188828_1131137.jpg



バーコードと電子タグの相違点
株式会社デンソーウェーブ
https://www.denso-wave.com/ja/adcd/fundamental/rfid/


❶ スキャナをかざすだけで複数のタグを一括で読み取れる
b0188828_11582484.jpg

  

❷ 距離が離れていても読み取れる
b0188828_1211420.jpg

 
❸ 箱の中に隠れているタグも読み取れる
b0188828_1224421.jpg

  
❹ 表面が汚れていても読み取れる
b0188828_1235768.jpg

 
 
資産の追跡、管理、最適化のRFIDプリンタ
b0188828_1220060.jpg

一個一個ICタブを付けるのが難しかったら、箱の表面にREIDラベルを貼りプリンターまであります。このZebra Technologyという会社は、丁度うちの会社でバーコーダー制作につかってます。
[PR]
by nhajime3 | 2017-05-06 06:20 | 会社 | Comments(0)

今年最後のクリスマスパーティ

クリスマスという休日にある今年最後のクリスマスパティ―。
何時もだったら、この時期は氷点下近くの寒いのですけど、今年は雪も降らない不思議な暖冬模様。
このまま雪も降らずに過ぎてくれたら超ラッキーだけど、クリスマスが暖かいというのも何だか気分がでないですね。

b0188828_14583511.jpg
レストランは、少量の青と黄色の照明に照らされたテージ、そして観客席のテーブル周辺は薄暗い。
こういう室内でフラッシュをたく写真撮影には何時も苦労しています。

フラッシュをたくと、白くなりすぎて雰囲気が台無しになるし、たかないと一瞬の動きを捉えられない。
フラッシュをたいて周りを暗くして、被写人物を浮き上らせたほうが印象深い写真ができる場合もある。
直接フラッシュをたく距離、場所、バウンズフラッシュをたいた方がいい局面など、中々何度やっても難しいです。

b0188828_1513151.jpg
パーティーでは、エンターテインメントでの歌や手品の披露、その間に家族毎にラッフルの景品授与がありました。結構、実用的な品や子供らの玩具やぬいぐるみなどがあって、よく家族の実情に配慮してました。


b0188828_1514895.jpg
b0188828_152137.jpg
今回初めてうちの息子が、このパーティーのゲームコーディネーターとして公式デビュー
家では、ウ~とか、ハ~とかの片言葉しか言わないオットセイの息子に果たしてできるもんか?と思っていたら、堂々たる姿勢で話してました。思わずビックリ玉手箱ですよ。親が思っている以上に、子供は成長してるもんやと感心しましたよ。


b0188828_1535825.jpg
パーティーの最後に、みんなでホワイトナイトを歌って、無事に公式行事は終了。
その後は、それぞれの家族間でプレゼントの交換をして、家族写真を記念に撮ったりしてました。
これが終わると、もう今年も終わりだなという感じで、ほっとします。


b0188828_1541641.jpg
このパーティの帰り際に何時も寄る地元のある一軒家。
この家は感謝祭からクリスマスまでの間、豪快に家の周りにデコレーションを飾りまくっています。
例年なら2、3台の車が立ちよって見学してるぐらいでしたが、今年は次から次へと見物客がやってくる観光メッカ化してました。数日前はその混雑解消の為に、警察が交通整理してたぐらいでしたから、多分なんかの雑誌に、この家のことが載ったのかもしれないですね。
[PR]
by nhajime3 | 2015-12-25 13:07 | 会社 | Comments(0)

師走の従業員謝恩ランチ

陰暦でいう師走の12月。
アメリカの師走はクリスマスが年末になるので、それに因んだパーティーがあります。最低3回はあるのですけど、一番手はまず会社のクリスマスパーティーです。日頃苦労してる従業員に対してささやかなクリスマスプレゼント(食事、ギフト券抽選、チョコ)とベスト従業員が各部署から選ばれて記念の楯が贈られました。

b0188828_9333085.png
ランチ会場は、市内のSakura Tokyoという日本レストラン。
去年から増え続ける従業員を接待できるここがメイン会場になりまって、食べ放題メニューです。

b0188828_9335521.png
成績優勝者の表彰式。
よっぽど嬉しかったのか自慢げに見せびらかしています。

b0188828_9342751.png
ギフト券の抽選。

b0188828_9345428.png
最後にはみんなにベルギー製のチョコレートの贈り物。
アメリカ製でなくてよかったです、アメリカのチョコは脳味噌が溶けてしまうほど甘くて耐えられないですから。

去年は写真撮影に忙しくて食事にありつける時間がなかったので、今年はしっかり自分の分、2皿にキープしました。でもやはり忙しくて、結局は食べきれずにかたずけられてしまいました。
[PR]
by nhajime3 | 2013-12-06 08:49 | 会社 | Comments(0)

野外クックアウト

今年になって始めてのクックアウト、会社から従業員に対する感謝の贈り物。
大概、外でハンバーグ、ソーセージ、ついでにサーモンステーキという定番料理、暖かくなると年何回かやります。

去年の冬に買ったキャノンの有名な撒きえさ単焦点レンズEF50mm F1.8IIを始めて、まともに使って映してみました。狭い家の中では、このレンズはうまく距離を取れなくて苦労するみたいですけど、外でも色々な障害物があって撮影に苦労しました。でも水彩画のような爽やかなショットが気分をのんびりさせてくれます。

b0188828_2474260.jpg
b0188828_2483118.jpg
b0188828_248581.jpg

[PR]
by nhajime3 | 2013-06-06 02:45 | 会社 | Comments(0)

キス5披露宴

キス披露宴と言っても、結婚式場で新郎.新婦がお祝いのキスを披露するのではないですよ。今まで大事に家の中で育てていた箱入り娘、キャノンのEOS Kiss X5が初めて公衆の面前に披露されました。その披露宴会場がSakura Tokyoという日本レストランです。去年から会社のクリスマスパーティーは、ここのレストランで行われることになり、みんな御機嫌そのものになりました。雰囲気もいいし、食べ放題だからね。アメリカのレストランの評価基準の一つに量が沢山出るところは、良いレストランとなるそうです。

b0188828_15411683.jpg一応、キャノンのカメラバック2400を買ったのですけど、そんな大きなバックを持っていくのは不具合なので、この小さな携帯バック、Lowepro Toploader Zoom 45 AW に入れて持っていったのですけど、このバックは本当に小さいです。キャノンのCanon EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS II 一個付けただけで、もうお腹が一杯でもう食べれませんという状態になりました。とてもズームレンズなど入らない代物でした。

レストランの中に入って一番最初に感じたことは、室内が異常なほど暗いということ。バーラウンジのように薄暗くて、こんなんで上手く撮れるだろうかと一瞬不安が過ぎりました。



b0188828_15461531.jpg

鉄板焼きです。うーん!、お好み焼きが食べたくなります。アメリカの日本食レストランで「ヒバチ」と呼ばれる鉄板焼きしながらシェフが小技(焼いた肉などを掘り投げてお客が口でキャッチするワンワンゲーム)を披露するのがあるのですけど、ここはあるのかな? 広いから良く分からないけど。

ヒバチの創始者はレストラン「ベニハナ」の日本人のロッキー青木氏ですね。彼のお父さんが考案した派手なパフォーマンスが受け、全米110店舗まで拡大しました。その後ベニハナ・チェーンは売却されたけど、鉄板焼きとパフォーマンスをパクった中国系・韓国系ヒバチ・レストランが全米のあちこちにできました。もうNYやLAなどの都会では、ヒバチは人気はなくなったけど、郊外や田舎では未だに人気があるみたいです。日本人経営の店でも、「ヒバチではなく和食で勝負したいけど、田舎ではヒバチを入れないと客が入らない」のが現実みたいです。


b0188828_1550752.jpg

b0188828_15381842.jpg

結構綺麗に撮れてますね、室内で撮った写真は、その場の液晶画面では上手くいってるようでも、後でPCで拡大して見たらゴースト写真のように流れていてがっくりすることが多かったです。真ん中にいるのがベトナムのおばさん。春巻きを突き出して何かを言わんとしてます。大体、見当がつきますけど、”お前、友達から春巻きのプレゼントをもらっただろうが!何で私にくっくっくの卵をくれないんだ!(怒り)”。それは私の家のすぐそばの草むらに七面鳥の家族が住んでいて、時々餌を食べに顔をだします。この前は、10数匹出てきて爽快でした。その写真を彼女に見せたら、毎年その卵をくれくれと催促されてます。あんな逃げ足の速い鳥は捕まえられないですよ。それでも、何でくれないんだ?、くれくれと噛み付いてきます。


b0188828_15475346.jpg

第1ランドは各自が好きなお肉と野菜をお皿に持って、鉄板で焼いてもらいます。大体、10分位掛かるから、その待ってる間に、第2ランドとして普通のチャイニーズのテークアウトを取ってました。


b0188828_1553031.jpg

b0188828_15534058.jpg

上は鉄板焼き終わるのを腕を組みながら、私「待つは」の男性版あみんの二人。
下は食べながら待ってる人を横目で眺める人の目が ”お前、よく食うなー!”と語っているような。


b0188828_1557040.jpg

毎回お馴染みの彼の得意ポーズ


b0188828_15584872.jpg

b0188828_16213234.jpg

みんなが食べてる間に、ギフトカードの抽選、ならびに今年の成績優秀者の表彰と金一封が授与されてました。何にも当たらなかった人にも、些細なクリスマスプレゼントが一人ひとり渡されていました。

というキャノンEOS Kiss X5の披露宴が終わりました。カメラマンというのは恥ずかしがってはいけない、顔の面が厚くないとできない職業かも? まあ、今回は会場が暗かっただけで、内臓フラッシュも使えたし、ほとんど動かない人の静止画を撮るだけの楽な設定でした。
[PR]
by nhajime3 | 2012-12-16 15:15 | 会社 | Comments(4)