<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

一見ドライバーライセンスの様な「マサチューセッツ州IDカード」

b0188828_6232549.jpg

今日、健康保険の変更の為に、マサチューセッツ州保険センターに行ってきました。
一応、各種必要書類は持っていったけど、奥さんのDocuments for Proof of Massachusetts Residency (マサチューセッツ州に住んでいるという証明書)がなくて、もう一度持参とという運びになりました。

本当にアメリカにいるとやたらIDが必要な機会が多いです。
そんな時の打ち出の小槌として万能なのがドライバーライセンス。写真IDとしても、現住所を証明するカードとして非常に有効です。でも、ドライバーライセンスを持っていない人の為に、一際有効なのが各州政府が発行する5年間有効なIDカード。申請料25ドル。


b0188828_6263090.jpg
(見本)一見見た目はドライバーライセンスで、運転できそうだけど、でもできないよ。


うちの奥さんは身元を保証するIDカードを持っていないので、何時も何かの時に、苦労するのでダウンタウンのあるDMVに申請にいってきました。

IDカードを所持資格者
 ● 14歳以上
 ● マサチューセッツ州住民
 ● ソーシャルセキュリティー番号所持者


必要申し込み書類
 ● 生年月日を証明する書類(パスポート、グリーンカード、. . .)
 ● 自筆サインを証明する書類(パスポート、グリーンカード、ソーシャルセキュリティーカード、. .)
 ● マサチューセッツ州に住んでいるという証明書

マサチューセッツ州現住所を証明する書類が曲者なんです。一般的なものとして、60日以内のガス、電話、電気、ケーブルなどの請求書、クレジットカード、医療費の請求書、銀行のチェックブック、銀行取引明細書(60日以内)。でも各種請求書の宛名は、全て自分宛で使いようがない。取りあえず、銀行取引明細書をまたもっていったら二人の名前が連名になってるから、住民票としては適切かわからないと言われました。他の役所では簡単に受け付けてくれるのに、OMG!!


b0188828_6362532.jpg
ダウンロードしたIDカード用申請書類


b0188828_959188.jpg
Temporal MASS ID CARD

ということで、今日DMVにMASS IDカードの申請にいってきました。
その場で写真を撮ってもらい、一時的なカードをもらいました。
本物のカードは一週間ぐらいしたら自宅に郵送されるということです。
このIDカードがあれば、毎回毎回、ID、IDと馬鹿騒ぎすることは少なくなくなりそうです。
[PR]
by nhajime3 | 2017-09-07 04:54 | 生活一般 | Comments(0)

料金所完全撤廃のElectronic Tolling System

この前、マサチューセッツ州の北部の町、Newburyportで日本人向けの夏祭りがあったので、暫くぶりにカメラを担いで撮影に行ってきました。二万人弱の小さな町ですけど、流石ボストン近郊というだけあって、この辺の鄙びた街並みと比べて都会でしたよ。

b0188828_12535918.jpg
以前見られたこのような料金所が完全に消滅していた。
FastLineという電子料金レーンもあったけど、速度を落とさねばならなかったので大渋滞の原因にもなってました。


その帰りに、久方ぶりにBurlingtonの町にあるH-Martによって買い物をしてきました。この辺は更にボストンに近いせいか、巨大なモールがある大都会でした。そして家路に向かうために、I-95かたI-90、通称MassPikeの有料高速道路に乗ったんですけど、あるべきはずの入り口の料金所の姿が全くない。フルスピードで高速に乗り、出口にもやはり料金所がなかった。やった、ついに、このI90も無料道路になったかと思ったけど...。実際は!!


b0188828_12541787.jpg
高速道路の頭上途中何箇所かに、見慣れないカメラみたいなものが付いていたけど、スピード違反の自動取り締まり機?



b0188828_107348.jpg

そしたら数日後に、E-ZPassから一通の高速料金の請求書が届きました。
I-90が無料高速道路になったと思いきや、従来の人間主導の課金システムが完全に電子化されてました。


電子課金システムE-ZPass
車載トランスポンダ(「タグ」と呼ばれる)利用料金は$30程度を単位とするデポジット方式で、残高が一定額($10程度)を下回ると自動的に登録クレジットカードから支払われる。開閉ゲートはないので減速は不要で、頭上の地上器とタグが交信できないとライセンスプレートの写真が自動撮影され、ライセンス番号に一致するタグの登録がないと後日罰金を含めた支払請求書が送られてくる。ライセンス番号に登録されたタグがあればその口座に課金され、1台のタグに複数のライセンス(車)を登録することも可能なので、例えば1台の物理タグしかなくても家族全員の使用する車それぞれでFasTrackを使用できる。
[PR]
by nhajime3 | 2017-09-04 12:23 | IT | Comments(0)