人気ブログランキング |
<< Oomaという変な名前のVOI... これがインターネット詐欺の手口か? >>

Walmartからの予期せぬお年玉

Saving CatcherというのはWalmartが去年の9月位から始めた差額返却プログラムです。
Walmartで買った品物の値段と周辺のお店で売られてる値段と比べて、差額分をWalmartのGiftCardにお返ししますというシステムです。もう各店のチラシをもって、あちこちに安いものを求めて買い物に行く必要がない、客寄せ効果を狙ったようなプログラムです。実際に、なんか棚からぼた餅式に儲かったわいと感じさせてくれます。

b0188828_15103788.jpg
Walmart - Always Low Prices!

10月の末から毎週のようにWalmartに買い物に行っては、SavingCatcherのアプリにせっせと領収書をスキャンした中間報告ともいうべき結果でございます。

私の住まいは田舎でありますから、近くに買い物にいくとしたらWalmartしかなかったから、自分には都合のよいプログラムでありました。当初は、Always Low Prices!を謳ってるWalmartで買うから、あんまり期待してはいなかったけど,意外なほどポイント?、クーポン券?みたいなのが結構溜まりました。


1. Saving Catcherアプリ:

iPhoneでSavingCatcherのアプリを開いて     カメラでスキャンするだけで

b0188828_1526040.jpgb0188828_15355266.jpg


後はアプリが自動的に近所のお店の値段と比較して、72時間後に結果が出ます。
先回の買い物で得た返金は$1.60でした、そして通算は$34.51の玉手箱をもらいました。

b0188828_1543305.jpgb0188828_15261497.jpg


2. 玉手箱の換金手順:

Walmart eGift Cardに入金されるのですけど、使える場所はWalmartだけです。取りあえず、WalmartのSaving Catcherのサイトにサインインします。

まだ換金方法が決まっていないので、Set Redemption methodをクリックします。
b0188828_3365089.jpg


換金方法として、二つの方法があります。
❶Walmart eGift Card、❷Bluebird by American Expressの何方のカードに入金するか決めます。Bluebirdのカードは持っていないので、Walmart eGift Cardを選んでクリックします。
b0188828_337931.jpg


24時間以内にEメイルでeGiftCard (Card番号+ピン番号)が届きます。これ以降は、このeGift Cardに入金されるから、盗難、紛失には気を付けてくださいとのことでした。

b0188828_5261259.jpg


3. eGift Cardの登録

今回は初回とのことで受け取ったeGift Cardはその場でWalmart.comの方に保存しました。後で登録する場合は、Walmart.comにサインインし、My AccoountのGift Card/Bonus Offer Balancesをクリックする。
b0188828_4264270.jpg

Add a New Gift Cardをクリックします。
b0188828_4265551.jpg


Gift Card informationのカード番号(16桁)とピン番号を入力して、カード情報を保存します。
b0188828_501120.jpg
b0188828_502534.jpg


b0188828_533097.jpg実際に、eGift CardをWalmartのお店で使用する時は、受け取ったEメイルをプリントアウトして、キャッシャーでスキャンしてもらうみたいですけど、左のように携帯のEメイルを直接スキャンしてもできるかも知れないですね。
by nhajime3 | 2015-02-10 14:18 | 金融
<< Oomaという変な名前のVOI... これがインターネット詐欺の手口か? >>