<< 歯医者さんの知恵 「父の日」の森林浴 >>

マッチ売りの少女の時代は遠くなった

もう数年前になりますけど、大雪とその後に続く氷雨で、道路沿いの木や電信柱が倒れて、この辺一帯が二日ほど停電になったことがあります。その時、明かりが必要ということで、あちこちのお店で買ってきたのが❶と❹のランタン。希望としては、LEDランタンが欲しかったのですけど、ランタンどころか、もうそれに必要なD電池も品切れ状態で手に入れるのが大変でした。

b0188828_6592632.jpg
左から順番に説明すると、

❶ Black DiamondのOrbit
LEDランタン、60ルーメン、単4電池(AAA) 4本使用

❷ Devine LED
LEDランタン、60ルーメン、単3電池(AA) 2本使用
極めて明るいという評判通りだったけど、突き刺すようなLED特有の直線的なLEDの光が目にきつい。

❸ AYL Starlight
LEDランタン、最大300ルーメンの3ライティングモード、単一電池(D) 3本使用
見た目は可愛いけれど、がっしりとした体格で、6日間位持つだろうと言われてます。

❹ Coleman 8D
蛍光灯ランタン、365ルーメン、単一電池(D)8本使用
大きくて一番明るいけど、電池を食う割に最大で28時間しか持たない効率の悪さ。

あれから、数年が立ち、9月位が世界的な危機が起きるのではという噂があり、何か非常事態が起きた場合に備えて、非常事態用キット(食料、水、照明、エネルギー)を備えてます。

b0188828_8371892.jpg
ランタンの点灯状態

以前買ったColemanのランタンでは電池が食ってしょうがないので、LEDタイプの❷番目のランタンを買ったのですけど、アマゾンからきたパッケージを空けて、なんて小さいんだろうと吃驚しました。ただ、光が直視するにはきつくて、❸番目を買い替えたのですけど。

時はエコ志向の時代で、省エネ、省資源で、どんどん小さくなっていくんだなあと灌漑深いです。ランタンも、灯油タイプからプロパンタイプ、そして乾電池タイプからリチウム電池の充電式へと移り、ランプも合成繊維のマントル、蛍光灯、そして今はLEDと変遷しています。ただ、昔の灯油、プロパンタイプのランタンは大量の熱を浪費してたから、冬の寒空でも近くにいれば暖かったけど、LEDはほぼ光しか放出しないから暖房用には役立たないですね。マッチ一本の明かりでも暖かった時代は遠くなりつつtありますね。


b0188828_8553215.jpgb0188828_8554518.jpg
ただ、乾電池が手に入らなくなった場合に備えて、再生エネルギータイプの太陽光発電のランタンもいいかと色気を出してます。
by nhajime3 | 2015-07-09 06:38 | 製品寸評
<< 歯医者さんの知恵 「父の日」の森林浴 >>