<< 今年は豪勢な「母の日」 3Dプリンティングのもたらす波動 >>

韓国タイヤ「NEXEN CP672」 が終焉して、恐怖のDouglasタイヤへ

タイヤの保証マイレージ
今頃と馬鹿にされそうですけど、やっと土曜日の早朝、Walmartにオイル交換してもうらついでに、スノータイヤをノーマルタイヤに交換してもらいました。何しろ4月の初旬まで雪が降っていたから、色々と事情があって今日まで延びてしまいました。早朝なら誰もお客がいないだろうと朝掛けたけど、結局は二時間半ぐらいかかかって、Walmartのお店の中をブラブラしてました。

一目、AutoCenterの従業員に、前輪タイヤ「韓国製のNEXEN CP672」のサイドウォールがすり減っていて危険だから交換したほうがいいと言われ、あっさり予定外のニュータイヤへと交換になりました。でも、このタイヤは買ってから3年もたっていないのに、もう交換なのという感じです。カタログで画、タイヤは70000マイル保証だけど、確かに道路事情が悪かったら二年しか持たないと書いてます。この辺は雪がふるので、融雪剤として撒く塩が道路の劣化を早めるらしく、もうパッチワークしただけで終わってる道路が多く、タイヤが思いのほか長持ちしないです。

b0188828_405195.jpgそういえば、最近やたらとWalmartで予想外に新しいタイヤを買ってます。Walmartもいろんなメーカーのタイヤを売ってますが、普段在庫に置いてあるタイヤはWalmart用に製造されたGoodyear Viva 3 All-Season Tire とDouglas All-Season Tireぐらい。どちらのタイヤもGoodyear が独占的にWalmart用に製造したものです。DouglasブランドはGoodyearの廉価版シリーズで、以前はGoodyearに買収される以前はKELLY TIRE が製造してました。それ以外のタイヤが欲しかったらオンラインで注文して、指定のストアにいって取り付けてもらうしかないです。今回はAll-Seasonタイヤになりました。でも不安になるくらい値段が安くて大丈夫かいと思わせるくらいです。45000マイルタイヤ保証だから、これだったら一年くらいしかもたないかもしれないです。

もし、もっと良いタイヤが欲しければタイヤ専門店にいけばいいのでしょうけど、中々自分の気に入ったタイヤの在庫はないし、お店に入って気に入ったものがないから要らないと断る勇気もないです。やはり友達のようにオンラインでタイヤを自宅まで届けてもらい、どこか適当なガレージでつけてもらうのが一番満足するほうほうなんでしょうけど、そこまでタイヤ一つに執着する気はないからなあ。

しかし、このDouglas タイヤの安さは嬉しい反面、何時タイヤが破裂するのか恐怖満杯ですね。高速運転には気を付けねば。

b0188828_550561.jpg
車のエアコンのフロンガス不足を補充するDIYキット。何でも自分で修理したがる国アメリカだなって感心。ガレージにもっていったら、完全に100㌦以上請求されるから。
by nhajime3 | 2017-05-13 01:52 |
<< 今年は豪勢な「母の日」 3Dプリンティングのもたらす波動 >>